2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
雲が晴れない山と畑
- 2017/08/08(Tue) -
 西日本を中心に台風の被害が出ていますね。
 各地での被害が少ないことを祈るしかありませんね。

 当地は日本でも(多分)一番自然災害の少ない地域です。
 地震や水害、台風にしても本当に稀にあるか、ないかでしょう。
 寒暖の差が大きく夏冬で60度にもなりますが、湿度が低くまぁ過ごしやすいです。
 雪も道央方面より少なく、雪害も稀と言えるでしょうね。

 毎年のように大雨や台風に脅かされる人たちは大変だなぁと思います。
 かと言って「こっちにおいで」ともならないし...ね。

 さて、そんな恵まれた(?)地域ですが、このところの気候は困ったもんだ!
 天岩戸じゃあるまいし、太陽が隠れたような日々が続いています。
 昨日も「曇りのち晴れ」の予報を信じて近くの山へ出掛けたんですが、霧と雨になりました。


 s-TG3-20170807-093929-0.jpg
 登りはじめる時は霧か霧雨か?という程度でしたが、だんだん細かい雨が強くなりました。
 まぁすぐに止むだろう、とウィンドブレーカー(防水)を羽織って、淡々と中腹へ。

 s-TG3-20170807-090851-0.jpg
 雨に濡れた白い花が。 かなり成長したノブキの花です。
 
 s-TG3-20170807-101340-0.jpg
 お盆前に開花する黄色い花『ハンゴンソウ』ですね。
 s-TG3-20170807-091104-0.jpg
 少し前に咲く『キオン』と似ていますが、葉が違うので見てすぐわかります。


 s-TG3-20170807-100521-0.jpg
 切り株の上にある苔の中に小さなキノコが出ていました。 傘の大きさで5mmほど。

 s-TG3-20170807-100737-0.jpg
 これから一気に増えてくる猛毒の「エゾトリカブト」ですね。

 s-TG3-20170807-100820-0.jpg
 風車(orプロペラ?)のような花弁が特徴の『トモエソウ』です。 この辺では少ない花ですね。

 s-TG3-20170807-101026-0.jpg
 山にあるのに名前が『カワミドリ』なんてね。 小さな穂状の花をつけています。

 そうして歩いて五合目まで来ましたが、雨は収まりそうにありませんので、
 無理に山頂へ行くのはやめました。 トットと下山を開始します。


 多分、だれも登ってこないのだろうと思いつつ登山口へ戻ると...
 s-TG3-20170807-101253-0.jpg
 案の定、野付ウシの車だけがポツンと残っていました。 こんなお天気ですからね。

 戻る途中の畑でチョコロール、いや『麦わらロール』が転がっていましたので道草を。

 これも「牧草ロール」と勘違いされますが、牧草ロールは名前のとおり「牧草」を丸めたもの。
 通常、牧草は「一番草」を6月に刈り取ってロールにします。
 8-9月に「二番草」を刈り取って再びロールにして保存しますね。
 一方で今時期のロールはほとんどが「麦わらロール」です。

 コンバインでは穂先だけを刈り取り脱穀しますので、下の茎が畑に残ります。
 それを回収して丸めたものが「麦わらロール」です。
 これは飼料にはなりませんから、牛や馬の寝藁として使われることが多いですね。
 もっぱら牧場などでの消費が多いようです。
 
 余計な説明でした。

 s-K70-20170807-084710-0.jpg
 s-K70-20170807-084519-0.jpg
 s-K70-20170807-084431-0.jpg
 これは道路側から撮ったもの。 次に横へ回って少し高い場所から。


 s-TG3-20170807-102813-0.jpg
 s-TG3-20170807-102931-0.jpg
 ロールの向きが異なり、景色も広がって見えます。
 向こう側に先程まで登っていた仁頃山もあるのですが、雲と霧の中です。

 この風景も青空で撮りたかったですね。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 風景 | CM(14) | ▲ top
郊外の夏
- 2017/08/03(Thu) -
 曇りがちの日々です。
 今日は昼現在で20度しかありません。
 猛暑の地域の人にとってはウソみたいな気温でしょうね。

 家の周りと山ばかりでしたので、仁頃山の帰りに遠回りで道草を。

 s-TG3-20170802-123723-0.jpg
 そう言えば、今年はまだ牧草ロールや、麦わらロールを撮っていませんでした。
 s-TG3-20170802-123948-0.jpg
 既に小麦刈りが進んでいますので、麦わらロールが転がっていました。 酪農家などが購入して利用するようです。


 仁頃地区にある『仁頃ハッカ公園』に立ち寄りました。

 s-TG3-20170802-125749-0.jpg
 かつてハッカ生産が日本一だった頃の家で 「五十嵐邸」 が保存されています。 ここは前庭ですね。
 s-TG3-20170802-125801-0.jpg
 庭にはエゾミソハギと、ヤブカンゾウが咲いています。
 s-K70-20170802-125400-0.jpg
 先日も掲載しましたが、中が少しだけ八重になっているのは「ヤブカンゾウ」です。

 
 本来の目的は家の裏手に広がる『エゾミソハギ』でした。
 s-TG3-20170802-130620-0.jpg
 咲き始めた段階のようで、満開にはもう少し時間がかかりそうです。
 s-TG3-20170802-130626-0.jpg
 s-K70-20170802-130247-0.jpg
 s-TG3-20170802-130657-0.jpg
 例年、お盆の頃に満開となります。あと10日あまりですから今年もそんな感じでしょうか。


 s-TG3-20170802-125820-0.jpg
 板塀です。かつて自分が住んでいた家は「土壁」でしたが、懐かしい佇まいです。(土壁=赤土に稲わらを混ぜ込んだもの)
 s-TG3-20170802-130807-0.jpg
 少しばかりお金のある人は、こんな感じの板壁の家でした。
 s-K70-20170802-130545-0.jpg
 この家は「お金持ち」の家ですが、ね。


 この敷地内には有名な湧水があります。
 s-TG3-20170802-131208-0.jpg
 毎日多くの人が湧水を汲みに来ます。(冬も可能です)
 s-TG3-20170802-131219-0.jpg
 自然に湧き出る水ですから、流しっぱなしの状態になっています。 蛇口をつけると壊される原因になりますからね。
 s-TG3-20170802-131253-0.jpg
 前と後の両側に水が流れ出ています。 
 塩素を混ぜて殺菌はしていませんが、子がしっかり管理しているので衛生上は問題ありません。
 コップが上に置いてあるので、野付ウシもグビグビ飲んできました。

 自然の水は久しぶりかもしれません。 
 かつては湧き水に頼っていましたので、こんな味だったのかなぁ...



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


この記事のURL | 風景 | CM(8) | ▲ top
涼しい山へ
- 2017/07/28(Fri) -
 今朝は涼しい、と言うよりも肌寒い感じさえします。(6時で17度)
 今日は曇り時々雨のようで、気温も25度以下の予想。

 昨日は早朝に家を出て、山へ向かいました。
 本当はオホーツク圏で一番高い山である『武利岳 1,876』へ行きたかったのですが、
 登山口への林道が工事中で「通行止め」でした。(通れたハズだったのに)
 代替案として隣の『武華山 1,759m』へ向かったのですが、その林道も工事中で通行止め!!
 当面は双方の山へは登れないということです。 ※事前の確認不足
 (北海道のローカルな山の話しですみません)

 戻るのも何なので、そのまま大雪山方面へ向かいました。

 夕方に戻りましたが、ゆっくりペースで花の写真などの道草も多く、
 結局は700枚もバチバチ撮り放題の登山でした。
 他の用事もあって写真の整理ができていません。
 明日にはなんとかUPする見込み...
 
 2枚だけ、予告で掲載します。

 s-TG3-20170727-092953-1.jpg
 お花畑(チングルマ)が広がっていました。空は最初は青かったのですが雲が広がって・・・
 
 s-Ca-20170727-110736-1.jpg
 幻想的な風景に出会いました。 行った人だけがわかる...さて、この山は?

 明日までに整理します。m(_ _)m



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

この記事のURL | 風景 | CM(22) | ▲ top
猫との散歩道
- 2017/06/03(Sat) -
 弱い降り方ながら、の日は今日で3日目になります。
 最高気温は9度の見込みで、明日は更に下がって8度だとか・・・寒いです。(-_-;)

 雨続きということは出掛けていませんのでネタ切れです。
 近くのお寺を猫と散歩した時の様子でも。

 s-K5-20170519-123737-0.jpg
 我が家のTOMは、とにかく外に出たがりで夏場は手間が掛かって大変です。(放し飼いにはしてませんので)
 日に何度か散歩に出ますが、いつも猫に合わせてばかりいられません。
 長い時には90分ほど歩きまわります。ここのお寺コースは夏場のお気に入りのようです。

 したがって、昨日、今日と雨の日は本当に寂しそうにしていますね。

 s-K5-20170529-130130-0.jpg
 お寺の石段入り口には「ヤエヤマブキ」の花がドッサリ咲いています。(裏手の土手も覆っています)

 s-K5-20170529-130601-0.jpg
 もうしばらくすると、階段左手の土手には紫陽花の花が咲きます。

 s-TG3-20170529-131028-0.jpg
 今は白いツツジの花が満開で、石仏の周りを飾っています。

 s-K5-20170529-130723-0.jpg
 少しながらピンクのツツジも残っていますね。

 s-K5-20170529-130803-0.jpg
 石段の上から振り返ると、こんな具合です。

 s-K5-20170529-131518-0.jpg
 ここのお寺では春の桜もいいのですが、野付ウシのお気に入りは秋の紅葉ですね。

 s-K5-20170529-131645-0.jpg
 これは秋の写真ではなく、今時期のものですよ。最初から赤いモミジがありますので、新緑のモミジとの競演ですね。

 広い境内を抜けてから道路際の角には八重の桜が二本あります。
 s-K5-20170529-131950-0.jpg
 もう葉が育ちすぎて花も終わりの時期ですね。

 s-K5-20170529-132015-0.jpg
 ちょうど交差点になっている敷地の外側には、八重桜が散って歩道を染めていました。

 普段はここを曲がってから自宅の方へ向かいますが、気が向くと道路を渡って野付牛公園へ。
 公園内も歩き回ると...長い90分コースになるわけです。

 早く雨が上がって、散歩ができるとイイネ。
 


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

この記事のURL | 風景 | CM(12) | ▲ top
ふたごのき
- 2017/05/12(Fri) -
 昨日、関東以西では真夏日とか暑そうですが、こちらは最高気温13度でした。
 つい先日前の半分の気温で、雨の一日でしたから、暖房入れましたヨ。

 さて、今日は「ふたごのき」のお話しです。
 下は絵本の一部ですが、見たことありますかね?

 s-P5111118.jpg
 (図書館から借りたものです)

 s-P5111119.jpg s-P5111120.jpg s-P5111121.jpg(クリック拡大可)

 この「双子の木」の様子を昼も夜も春から冬まで撮っています。
 写真を撮ったのは40年も前で、自然写真家の「姉崎一馬」さんでした。
 その双子の木が会話をしながら、季節を過ごすような雰囲気で詩が流れています。
 詩は「谷川俊太郎」さんによります。(詩人であり多くの絵本作りにも関わっています)

 この本は2004年に発刊されたものですが、この双子の木があるのは北海道津別町です。

 我が家から40分くらいなので、実際に見てきました。
 美幌から阿寒に抜ける途中の津別町の「つべつ木材工芸館」のそばにあります。

 s-TG3-20170509-092914-0.jpg
 広い21世紀の森の入り口に当たる場所で、隣にはレストランもあります。

 s-TG3-20170509-092722-0.jpg
 桜はピークを過ぎましたが、道路沿いのシバザクラがこれから満開です。


 入ってすぐ右上の丘に、その「ふたごのき」はありました。
 s-TG3-20170509-091212-0.jpg
 かろうじて桜の花も残っていましたが、既にピークは過ぎたようです。

 s-TG3-20170509-090926-0.jpg
 木の周りにはシバザクラが植えられていますが、少々咲き方にムラがあるようです。

 s-K5-20170509-091423-0.jpg
 双子の桜の木の方へ上がってみました。 左側の小さな方が枯れかけて樹木医が手当をして維持できているようです。

 s-TG3-20170509-091502-0.jpg
 ちょうどTVカメラなどで取材をしている最中でした。 聞けば「ひがし北海道のWEBテレビ」だそうです。
 「道東テレビ」の代表の方でした。SNSを通して情報を発信しているそうです。

 s-TG3-20170509-091649-0.jpg
 丘の上に二本だけ残った桜の木は、確かに独特の雰囲気を持っていました。
 s-TG3-20170509-092147-0.jpg
 

 s-K5-20170509-090933-0.jpg
 広い敷地の上の方には野球場もありました。 途中も桜の花がたくさん見られました。
 今シーズンの桜はそろそろ終わりますが、この後も「ふたごのき」は語り続けるでしょうね。




※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

この記事のURL | 風景 | CM(12) | ▲ top
| メイン | 次ページ