タイトル画像

休養日

2017.04.21(08:24) 825

 せっかく訪問いただきましたが、記事投稿を久々にお休みさせていただきます。

 またのお越しをお待ちしております。

 素っ気ないですが、花一輪だけ画像を。

 s-O20160421-094418-c.jpg


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ツーラツラツーランラン 何?

2017.01.10(20:33) 722


珍しく、同日に二つ目の記事をUPします。 
 1月10日の付録として、日付は...10.5日としますか。(^_^;)
 ようするに、10日記事の付録です!

1/10今朝UPした中に「ツーラツラツーランラン・・・」なる曲を勝手に入れましたが・・・
誰もわからなくても良かったのですが、気になる方もいたようなので追記しておきますね。

実際は「こんな歌詞の曲」はありません。念のため。
昔、ツララを見ていた時に、ある曲をかぶせて歌ったのを思い出して使ったのです。

正式な曲名は日本では『かわいいオーガスティン』といいます。
ドイツの童謡として知られています。 (原題=Ach, du lieber Augustin)

幼児期のピアノの練習等で使われていますので、知っているかも。
 
 Augustin.png

 歌詞付きの歌としてはあまり普及していませんね。
 音符じゃワカランぞ!という方は youtubeの動画でどうぞ。

このメロディーに「ツーラツラツーランラン ツーランラン ツーランラン・・・」となったわけです。
 この繰り返しで最後まで行けますよ!

 ところで・・・この曲は本来は「おふざけ」の曲ではなかったのですね。
 
 17世紀後半、オーストリアの首都ウィーンではペストが大流行し、10万人を超える犠牲者が出ました。
 (可愛いオーガスチン) は、ウィーンで猛威をふるったペストによる犠牲を嘆く内容となっており、
 歌詞の中にも「ペスト」を意味する単語がはっきりと使われているそうです。

 歌詞原語&日本語訳 (geocities 参照) 

 野付ウシはピアノは若い時にイタズラしたことはありますが、習ってもいませんし、まともに弾けません。
 単純な曲ですが、その裏には悲しい出来事が隠れていました。

 ふざけて使った曲ですが、本来はこのような曲だったわけです。

 以上、臨時増刊号でした!




span style="color:#FF0000">ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

2016.04.28(12:19) 466

いよいよ明日からGWの始まりですね。
 アチコチ行楽に出かける方は存分に楽しんでほしいものです。
 でも天気ばかりは「天まかせ」ですから...こちらは前半寒くて『雪』の予報もあります。

 さて、過去の記事になりますが、昨日山歩きの状況などを。
 s-O20160427-091718-0.jpg
 富里ダム湖の氷がようやく消え失せたようです。空の青を移して輝いていました。

 s-P20160427-114820-0.jpg
 登山口の手前の池では「エゾアカガエル」の産卵もピークを過ぎたようです。
 道路や草地に凄い数のカエルさんが飛び回っていますが...もう車が通れるので轢かれそうですね。

 s-P20160427-104016-0.jpg
 登山道にはまだ日陰の雪が残っています(3合目上当たり)。6-7号目以上では雪道ですね。

 s-P20160427-095046-0.jpg
 東新道途中から山頂方面の眺めです。急斜面の雪はかなり消えています。
 s-O20160427-112609-0.jpg
 上る度に花が増えている「エゾノリュウキンカ」です。
 s-O20160427-112547-0.jpg
 6-7輪の花が多いのですが、綺麗な5輪を見つけました。

 s-O20160427-112646-0.jpg
 私がお気に入りの『ミニ盆栽』も元気に成長しました。(上に伸びているのはネコノメソウ)

 s-P20160427-103049-0.jpg
 ご存知「行者にんにく」ですが、つい先日TVニュースで中毒の話題が出ていました。
 これとサフランの葉を間違って食べたとか・・・まぁ似てはいますが臭いや根本の色で判別できます。
 はっきりしないものは手を出さないことですね。(私は先日焼き肉に挿れて食べました!)

 s-P20160427-オオバナノエンレイソウ-0
 まだ開花には早いのですが、「オオバナノエンレイソウ」だと思います。
 s-P20160427-エンレイソウ-0
 そしてこちらは「エンレイソウ」ですね。
 山野草はどんどん芽を出しており、2-3週間後の登山が楽しみになります。

 連休前半は寒く雪もあるやに予報が出てますが、2-3回は登ることになるでしょう。
 先日から興味を持ちマクロならぬミクロの写真を撮り始めました。
 どうなるか不明ですが、もし興味があれば拡大して御覧ください。
 (スーパーマクロの世界です)

 s-O20160427-112035-0.jpg s-O20160427-112003-0.jpg s-O20160427-111913-0.jpg s-O0160427-110909-0.jpg

 s-O20160427-110835-0.jpg s-O20160427-110806-0.jpg s-OLYMPUS I20160427-110526-0 s-OLYMPUS IM20160427-110319-0
 
 s-O20160427-110142-1.jpg s-O20160427-102904-0.jpg s-PENTAX20160427-110905-0.jpg s-O20160427-105257-0.jpg
 少し勉強ができれば、生態や名前なども時に紹介したいと思ってます。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

2016.01.16(08:57) 370

今朝も冷え込みましたーーーーーっ! 朝7時で氷点下22.6度

 日中は晴れ一時曇り...最高気温もあまり上がりそうもありませんね。

 昨日の雪景色の一部を再掲します。

 雪山でカメラを構えると...ピピピッて音がします。

 回り全部真っ白なので、カメラの焦点が合わないのですね。

 やむなく木の幹などに合わせてからシャッターを押します。

 雪が降った直後で空が曇りだとよく起きる現象ですね。

 s-C20160115-120507-0.jpg
 地面にかすかに二本の線が見えます。スノーモビルが走った痕跡です。

 s-C20160115-132401-0.jpg
 エゾマツの林も雪を被ると綺麗ですね。

 s-P20160115-115725-0.jpg
 全ての樹の枝に粉雪が張り付いています。氷にはなっていませんので、弱い風でもハラハラと落ちてきます。

 s-P20160115-115907-0.jpg
 頂上近くのダケカンバの林です。キラキラと雪が舞うのですが、カメラでは捉えられません。

 s-P20160115-115911-0.jpg
 太陽の光が射すとダイヤモンドダスト状態が見えるはずなのですが・・・

 s-P20160115-121551-0.jpg
 サングラスを外すと、歩く場所がよく見えなくなります。ホワイトアウト状態ですね。

 来週は荒れる予報...明日あたり再チャレンジしようかな?



野付牛・四季彩々(いろいろ)


未分類 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

コントラスト

2015.12.19(12:31) 346

今朝はあまり冷えなくて-9度ですが、日差しがあるわりには気温が上がらず-4度止まり。

 少しは真冬らしい気温になったとも言えますね。

 特段の話題も無いので昨日未掲載の仁頃山登山時の1枚を。

 s-N-140245-0.jpg
 頂上間近で撮った1枚です。山頂の電波塔も樹氷群の一部になっています。青空とのコントラストがGoo!


今日は、ちょっとお遊びをしてみました。

 よくあるパターンで1色だけを残してモノクロ画面にする手法です。

 s-P-132219-b.jpg
 すっかり冬ですが、残った葉と赤い実を撮ったものです。

 s-P-135616-a.jpg
 これは雪が降る直前に、開花できずに残ったムラサキの花...

 s-C-105137-a.jpg
 雪が降っても、どこかしらで咲き残るタンポポの生命力はスゴイ!

 残った写真で遊ぶのも面白いものですね。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
未分類
  1. 休養日(04/21)
  2. ツーラツラツーランラン 何?(01/10)
  3. (04/28)
  4. (01/16)
  5. コントラスト(12/19)
次のページ
次のページ