野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

休みます。  

急ですが1-2週間ブログ休みます。
病院に行ったら、そのまま入院となりました。
戻ってから改めてスタートします。
野付ウシ
スポンサーサイト

滝ノ上の追録など  

 土曜日ですね、こちらのお天気は曇りながら青空もチラチラ・・・ 
 予想では16度くらいの気温になりそうです。 まずまずかな...

 二日連続で広大な花の公園を紹介しましたが、昨日の滝ノ上の追記などを・・・

 実は「滝上町」は他にも有名なものがあります。
 それは「ハーブ&渓谷」です。(他にも童話村を推進中)

 ハーブと言えば滝上の道の駅もハーブの名前が付いています。
 香の里とも呼ばれており、各種ハーブの生産も行われています。
 時期的に今は見られないので、お話だけ。。。

 芝ざくらの帰り道、すぐ下を流れる川を渡ります。

 s-K70-20180522-122113-0.jpg
 ここは「渚滑川」の上流になり、川幅も狭く岩が露出しているため峡谷美も素晴らしいです=錦仙峡。

 s-K70-20180522-122242-0.jpg
 特に秋の紅葉時期は多くの観光客も訪れます。 また渚滑川での釣りも楽しめますね。
 峡谷にそって遊歩道も整備され、ゆっくりとたのしめます。

 s-TG3-20180522-122224-0.jpg
 橋から下流の眺め。 野付ウシも秋はまだ来ていません。

 s-TG3-20180522-122935-0.jpg
 帰りがけに立ち寄った道の駅です。 「香の里たきのうえ」は街を出てすぐの場所です。
 残念なのはここでは食事ができないこと。 のみものとサンドイッチしかありません。
 食事は道路を挟んだ反対側奥にある、「ホテル渓谷」が良いかと。

 s-TG3-20180522-122958-0.jpg
 道の駅で見掛けた看板ですが、モザイクアートになっています。
 で・・・近寄って見れば・・・

 s-TG3-20180522-123020-0.jpg
 小さな写真の集合体でした。 何枚あるかは下の説明書きには記載されていませんでしたが、凄い数ですね。 
 s-TG3-20180522-123025-0.jpg

 




 
 さて、話は変わって野付ウシが戻ってすぐに行ったのは・・・山菜採りでした。^_^;
 既に何種類か早い時期に、おいしくいただいていますが、これから旬の山菜も目白押しです。

 s-TG3-20180523-103647-0.jpg
 すでに旬は終わりですが、雪解けの遅かった場所ではまだギリギリセーフな山菜「ヤマブキショウマ」です。
 葉が広がる前の柔らかな時に採ってきます。 茹でて水に晒してからいただきます。(醤油をかけて)
 ほのかな苦味がイイんです。

 s-TG3-20180524-092326-0.jpg
 ご存知、ワラビです。今年は少し早めかな? 今年二回目ですが、今回は大量に採れたので塩漬けへ。
 生のまま塩漬けすると、ワラビ特有のアクも消えます。 塩がたくさん必要ですね。
 我が家では初冬から春まで、フキの塩漬けとともに食卓に乗ります。

 s-TG3-20180524-084958-0.jpg
 これは出たばかりのウドです。せいぜい30cm程度までのものを根本から採ります。
 根が深いことも多いので掘り起こすように切り取ります。
 枝が出て葉が広がるようだと、硬くて風味も落ちてしまいますので、パス(採らない)。
 採りたて天ぷらが最高!他に酢味噌和えもGood,煮物にもいいですね。
 我が家では、これも塩漬けで春まで食べています。
 アク抜きせず、生のまま本体が見えないように塩で埋め尽くして重石を載せます。
 水が出た頃に、一度、付け直す方がいいと思います。
 
 s-TG3-20180524-090640-0.jpg
 これは天然のセリです。とにかく香りとシャキシャキ感がたまりませんね。※毒セリと間違うとアウトですよ!!
 軽く茹でておひたしです。サット醤油を掛けて食べています。
 塩漬けもできますが、イマイチなので、旬の時だけのお楽しみ。

 s-TG3-20180524-085820-0.jpg
 これは山で育ったミツバです。 とにかく太く大きく風味が素晴らしい!
 汁物に、天ぷらに、普通のミツバと同様に使えます。 固くなったらアウト!

 さて、フキですが今の時期はそのまま食べる分だけ採っています。
 漬け込むにはまだ若いので、グチャグチャになってしまうためです。
 もう少し時期を遅くして、大きくなったところでドッサリ収穫してきます。
 これも漬け込んで春まで美味しくいただきます。
 ※我が家では一旦サット茹でて、皮を剥いてから塩漬けにします。
   漬け終えた後だと、柔らかくて皮を剥くのは手間が掛かるからです。

 特に他に手は加えませんが、色が黒くなったりしていません。
 ワラビは少し黒ずんだりはしますね。
 (黒っぽくならない手段は色々ありますが、塩漬けの時は細工しません)

 アレコレ講釈をたれましたが、昔の親のやり方を真似ているのではなく、
  野付ウシの個人的な感覚で処置しています。
 ご近所に名人がいれば、そちらのやり方が良いかと・・・

 次はいつ採ってこようかな??


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

寒くても晴れが良い  

 今朝も寒かったぞぉ~! 氷点下19度でした。(公式は多分 -20度かな)
 寒い日は、朝方の寝ている部屋の雰囲気でわかりますね。
 (部屋は床暖で暖かいのですが、窓からの冷気が少し変わります)

 おまけにスッキリと青空がみえましたので、そりゃぁ山へ行きますよね。
 で...アチコチ道草をしてしまい、戻ったら2時過ぎ・・・他の用事もあるし、
  写真も整理しなきゃならないし・・・

 久々に写真一枚で、今日の記事にします。

 s-K70-20180111-083909-0.jpg
 今朝、山への途中で車内から撮ったものです。 下、左側の土手を見ると寒かったのがわかりますね。
 草も木も霜をまとって、日差しに輝いていました。
 寒くても空が青ければいいかな?と思う時ですね。

 奥に見える山は右手が「武利岳 1,876m」で、オホーツク圏で一番高い山です。
 一昨年の豪雨から林道が崩壊して、まだ通行不可のため、未だに登れない山なのです。
 その左手の山が「武華山 1,759m」ですが、こちらの林道もアウトのまま...なんとも不運ですね。
 近くて遠い山になっています。 (他にもたくさんの林道が未だに通れません)

 


 話は変わり、数日前の出来事ですが成人式の晴れ着の事件・・・
 気の毒としか言いようがないのですが、そんな中でも暖かい支援の気持ちも見えました。
 未だに連絡がつかない経営者ですが、完全に確信犯で「思いつき」ではなさそうです。
 とにかく自転車操業でもお金が回らなくなったのでしょう。
 身の丈に合ったやり方で地道にやっていれば...ねぇ。 

 取引先の話では、最初は謙虚で電車で営業に来ていたそうです。
 それがある日からベンツで来るようになったとか。
 よくある勘違いってヤツですね、ちょっと軌道にのったらその気になってしまう人たち。
 多くは失敗することになるのですが・・・
 ここまで酷いことをやった詐欺師なのに、未だに名前が出ないのは何故でしょうね?


 一方で、今朝のニュースで「最年少の六本木ヒルズ族」(自称)が逮捕されたとか。
 これもちょっとお金が入りだすと勘違いする代表例ですね。
 お金は信用とか人柄に付いてきます。
 この男はそれに気づかないまま、お金も信用も失うことになるのでしょうね。

 何れも、一時的に金回りが良くなった途端に人を見下し、お客や従業員への投資ではなく、
 自分に金をつぎ込むという共通点があるようです。
 お客様やスタッフあっての商売です。 商売をナメてますよね。
 こういう人ヘは鉄槌を下して欲しいものです。


 今日のスナップは、明日にでもUPしようと思います。

  ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

また来年!  


 s-Ca-20170217-110220-p.jpg


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

カレンダー  


 今朝は数日ぶりに冷えました...と言っても -13度ですけど。
 いつもの北見らしい青空がなかなか見られないようです。
 薄曇りにボャ~っと太陽が見えているような感じですね。
 
 今年も残すは土・日の2日のみとなりました。
 御用納めの人も多いのでは。
 野付ウシの「登山納め」は明日の予定ですが、お天気がどうかな?
 初日の出が見られる可能性も「限りなくゼロに近い」ような予報です。(-_-;)


 さて、今日は身の回りのお話から。
 年末ですので新年用のカレンダーの準備をしています。

 我が家の居間には地元紙(北海道新聞)のカレンダーのみです。
 例年どおり野生動物を中心にした写真のカレンダーで一ヶ月毎。
 台所には100均で買った家族の予定がそれぞれ書き込める一ヶ月毎のカレンダー。
  食事の時にイヤでも目に入りますので、夫婦の動きが確認できます。

 二階の野付ウシの部屋には12ヶ月が一枚になった大きなカレンダーが目の前に。
  これには定期的予定の記入と山歩きの記録を残します。(これも100均)
  一枚で年間の動きが記録され、1年1枚なので保存もOKです。
 s-TG3-20171227-203145-0.jpg


 その横には娘から送ってもらった「オーストラリアの花カレンダー」があります。
 パースにいた時から花の写真を撮っていたので、それ以来このカレンダー愛用してます。
  これには日ごとの予定を細かく記載しています。
 s-TG3-20171225-135701-0.jpg
 12枚の花の写真で、オーストラリアの固有種がメインですね。

 s-TG3-20171225-135651-0.jpg
 これが表紙です。

 s-TG3-20171225-135556-0.jpg
 以前にも書いたことがありますが、面白い表示の仕方をしていますので、ちょっと解説を。

 まず、祝祭日は当然日本のものではありませんが、オーストラリアは州によって違ったりします。
 カレンダーには祝祭の名前と同時に、州や地域名が記載されています。
 そうすることで全土で使えるようにしていますね。(パースは西オーストラリア州)

 上の写真は12月のサンプルですが、12/30,31が上の行に記載されていますね。
 (前月の繰越ではありません)
 毎月のマス目を均一に5行で終わらせるための工夫です。
 斜線で区切って小さく表示したり、行を増やしたりはしません。
 日本ではありえない表示の仕方です。余っている上の行を使うとは、ね。
 「見えればいいじゃん」的な、お国柄とも言えますがおもしろいものですね。
 

 個人的な行事の元締めは、スマホの「Ucカレンダー」で管理です。

 その他、PCのダイアリーでは日記を記録しています。(ダイアリーソフト)
  その日の出来事や行動、天気・気温なども記録しています。
  デジタルの便利なところは、去年の同じ日とかも即時に表示できること。



 カレンダーの準備をしていると、TOMがのそぉ~っと入ってきました。
 いつも音もなく入ってきて、気づいたら後ろで寝ていたりします。

 s-TG3-20171220-164348-0.jpg
 二階の野付ウシの個室にはポータブルのストーブがあります。
 温度設定してホヮホヮと静かに使っていますが、その前で寝るニャンコ。

 s-TG3-20171220-164448-0.jpg
 そして気づいたら、もういなかった・・・そんな繰り返しです。
 s-TG3-20171220-164417-0.jpg
 いつもマイペースなのが猫ですね。

 14歳になる持病のあるTOMですが、今のところは健康なようです。
 今年もたくさんの癒しをありがとう!


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top