2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
台風一過の山
- 2017/09/20(Wed) -
 今日は朝から青空が広がり、柔らかな日差しが降り注いでいます。
 日中は25度を超えそうな予報です。

 昨日、台風18号直後の仁頃山へ行ってきました。
 4日間登っていないだけで、随分久しぶりに感じます。

 s-TG3-20170919-082718-0.jpg
 ダム湖には木の葉やゴミがたくさん浮いていましたが、増水の様子は見られません。

 s-TG3-20170919-083106-0.jpg
 湖面に映る木立も少しずつ黄色が目についてきました。
 s-TG3-20170919-083013-0.jpg



 いつもの東新道から山へ入りましたが、木の葉はもちろん木の枝がドッサリ落ちています。

 s-TG3-20170919-085436-0.jpg
 落ち葉と違って緑色の葉が増えました。風で落ちたのですね。

 s-TG3-20170919-085647-0.jpg
 通れない状態ではありませんが、二股のところから裂けて落ちた大きな木の枝が道を塞いでいます。

 s-TG3-20170919-092726-0.jpg
 管理車道へ合流しましたが、やはり木の葉がたくさん。

 s-TG3-20170919-095255-0.jpg
 少し遠くが霞んでいますが、それなりに見えています。 森が少し色づいているのがわかります。

 下りは思いつきで「奥新道」へルートをとります。台風後は誰も通っていないかも...

 s-TG3-20170919-101633-0.jpg
 ところどころですが、一部だけ染まった木の葉が目を引きます。
 s-TG3-20170919-101642-0.jpg

 s-TG3-20170919-101916-0.jpg s-TG3-20170919-101921-0.jpg s-TG3-20170919-102026-0.jpg s-TG3-20170919-102149-0.jpg s-TG3-20170919-102131-0.jpg


 s-TG3-20170919-101738-0.jpg
 落ち葉も増えてカサカサと気持ち良い音がしました。
 s-TG3-20170919-101756-0.jpg


 s-TG3-20170919-102623-0.jpg
 大きな木の枝も落ちていました。どっこいしょと道脇へ移動します。直撃されたら相当危険な大きさです。
 小さな木の枝が無数に登山道に落ちていましたので、ポールで道脇へ弾きながら下山しました。

 下山して林道を見ると、倒木が道を塞いでいました。
 s-TG3-20170919-104701-0.jpg
 手で除けられそうですが、路外に長い幹が見えていてノコが必要です。

 s-TG3-20170919-104721-0.jpg
 ここには二本の倒木。奥の方は大木なのでチェンソーが必要です。

 この辺は完全に「電波圏外」なので連絡は帰る途中で。

 s-TG3-20170919-110315-0.jpg
 ダム湖近くの様子ですが、秋を感じる風景ですね。

 電波が通じる場所まで来てから「仁頃山の主」である、Sさんへ電話。
 どこへ連絡すればいいのか詳細を聞こうとしたのですが「ハイわかりました、連絡します」と。
 関係先は全て把握しているSさんですので、お任せしました。

 夕方に電話があり、結局はSさんと仁頃山愛好会の仲間がチェンソーで処理したようです。
 森林管理局ではすぐに手がまわらないことも承知してのことです。
 Sさんと愛好会の方々には、頭があがりません。
 いつもありがとうございます。

 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(7) | ▲ top
緑ヶ丘公園
- 2017/09/19(Tue) -
 台風の被害は日本海側と太平洋側の地域に集中したようですね。
 運良くオホーツク圏では大きな被害は聞こえてきません。
 風も雨も一時的で済んだようです。

 今朝、4日ぶりに仁頃山へ登ってきましたが、林道の倒木も数か所ありました。
 登山道では木の葉、小枝と枯れ枝が無数に落ちていましたが、通れない程の被害は無いようです。
 明日にでも状況と写真をアップします。


 さて、北見市には「公園」と呼ばれるものが無数に散在しています。
 無数って? 住宅街等の「街区公園」が134箇所、端野・常呂・留辺蘂自治区には合計52箇所
 近隣公園・地区公園・総合公園・運動公園・墓園・緑地緑道・森林公園が合計で34箇所です。

 全体で12万人ほどの人口の都市としては多いのか、少ないのか・・・
 野付ウシが住む裏手の「野付牛公園」は市内に二つある「総合公園」の1つです。
 
 「森林公園」の一つである『緑ヶ丘公園』は市内を見下ろす高台にあり、
 園内には「緑のセンター」があり、裏手の森林には遊歩道があり散策ができます。

 この森林公園を久々に歩いてきました。
 以前は近くに住んでいたので、よく訪れていたのですが、現在は少し遠くて、ネ。
 小高い山ですが「登山」というほどの山ではありません。
 遊歩道のルートも入り組んでいますが、いくつかは通行不可になっていますね。

 春は山菜、夏は野山の花&野鳥、秋は紅葉と散策の楽しみもあります。
 今は紅葉の少し前ということで、目立つのは木の実ですね。

 s-K70-20170917-094234-0.jpg
 入り口で小さな紫の花がありました。 ナス科の「ヤマホロシ」です。

 s-K70-20170917-094509-0.jpg
 ここの蔦は綺麗に紅葉するのですが、これからですね。
 s-K70-20170917-094538-0.jpg
 絡みついているのは車庫のような物置...シャッターは開くのでしょうか??


 s-K70-20170917-105134-0.jpg これは「エゾウコギ」の実ですが、この森ではたくさん見かけます。 花の形も同じような形ですね。
 
s-K70-20170917-101054-0.jpg

 
 s-K70-20170917-101530-0.jpg
 この実はツル性の植物で「チョウセンゴミシ」です。 春の花はクリーム色で綺麗です。

 s-K70-20170917-094145-0.jpg
 色づきはじめている木の実は『ズミ』です。

 s-K70-20170917-094133-0.jpg
 これはズミだと誤認したまま写したものですが、ナス科の「ヒヨドリジョウゴ」の実でした。

 s-TG3-20170917-101634-0.jpg
 歩道脇で見つけた小さなキノコ二つ、高さは2cmほどでした。(未確認ですが、多分「キララタケ」)

 s-TG3-20170917-101715-0.jpg
 通称「マムシグサ」、学名では『コウライナンテンショウ』と呼ばれる植物の実です。花の形も独特です。


 s-TG3-20170916-093334-0.jpg
 緑のセンター裏手に白い花が見えたので、行ってみると「シロバナハギ」でした。
 s-TG3-20170916-093100-0.jpg
 「ミヤギノハギ」の変異したものと言われます。

 
 帰りがけに緑のセンター内部にある温室をのぞいてみました。
 冬も暖かい場所ですから、バナナやマンゴーなど南国の植物もいくつかあります。
 今、咲いている花を数点撮ってきました。
 野付ウシが普段撮らない園芸種の花ですから、もちろん名前など知りません。(一部は名前が書いてあります)

 s-TG3-20170916-132255-0.jpg s-TG3-20170916-131906-0.jpg s-TG3-20170916-132021-0.jpg s-TG3-20170916-132046-0.jpg


 s-TG3-20170916-132143-0.jpg s-TG3-20170916-132208-0.jpg s-TG3-20170916-132242-0.jpg s-TG3-20170916-132310-0.jpg

 たまには南国の花もいいもんですね。(拡大可)

 次は紅葉真っ盛りの時期に来たいと思っています。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

この記事のURL | お散歩にて | CM(7) | ▲ top
| メイン | 次ページ