タイトル画像

冬の名残と春への途上

2017.03.29(13:43) 802

今朝も青空で気温 -4度、日中は晴れたり曇ったりで8度の予想?

 今日もテクテク雪道歩き・・・少々歩きにくい場所も増えてきました。

 今朝は8時15分くらいに家を出て仁頃山へ。
 平日ながらそこそこの車の台数(手前と奥で15台くらい)
 少し暖かくなったし、春休みでもあるし、、、かな?

 日中の日差しで雪解けが進んでいるので、山の斜面の様子も変化が。
 s-Ca-20170327-090847-0.jpg

 s-Ca-20170327-091255-0.jpg

 s-Ca-20170327-091311-0.jpg
 キラキラ、サラサラの粉雪だった表面は、ザラザラ、デコボコになっています。


 s-Ca-20170327-091406-0.jpg

 s-Ca-20170327-091507-0 (2)

 s-Ca-20170327-091637-0.jpg
 でも、飽きないんですよねーこの木影の様子は。


 s-Ca-20170327-100039-0.jpg
 積雪も徐々に減ってきたようで、看板も半分ほど顔を出すようになりました。

 s-Ca-20170327-101537-0.jpg
 これは八合目の少し上にある傾斜地の休憩場所「ほっと坂」です。夏は頭の位置にある看板は足元より下に見えています。
 「それが何?」...ツララが見えますね。今までは気温が低く雪が解けないため、ツララもできませんでした。
 ツララが出来た、と言うことは山頂付近にも、春の暖かさがやってきたことを意味するのです。
 
 s-Ca-20170327-102852-0.jpg
 山頂は風も弱く、温度計は2度を指しています。

 s-Ca-20170327-102918-0.jpg
 サロマ湖方面だけかすかに見えました。 風の影響で沖合に流氷が戻ったようです。
 手前はサロマ湖(まだほとんど凍っています)、海を挟んで沖合に白い帯が広がっています。

 もう戻らないと思ったのですが、沖合までは戻ってきたのですね。

 さて、下山して登山口とダム湖周辺をウロウロしてみると・・・
 s-Ca-20170327-111813-0.jpg
 既に湿地では草花の緑が芽吹いていました。
 s-Ca-20170327-111845-0.jpg

 ダム湖の辺りでは、まだ1m近い積雪があるものの、急速に溶け出しているようです。
 s-TG3-20170327-115220-0.jpg
 休憩用の東屋の屋根に残る雪も、一気に減りました。

 s-TG3-20170327-115712-0.jpg
 公園内の樹木に地衣類がビッシリと取り付いていました。
 
 s-TG3-20170327-115805-0.jpg
 苔のようで苔ではない...地衣類という別な分類になるようです。
 ちなみに、この木はまだ生きていますよ。

 地衣類は、菌類と光合成生物(藻類)の共生体。同定は一般に困難と言われます。
 が...野付ウシの勝手な解釈で、これは『カラタチゴケ科』の仲間かと思うのですが。。。

 
 あ、それから仁頃山の登山道脇に顔を出していた『フクジュソウ』が、持ち去られたようです。
 もう少しで開花するところだったのですが、根元から土まで持ち去ったようで...残念です。
 自宅の庭とか鉢植えで、1人ニヤニヤ見つめているのでしょうか???

 たかが「フクジュソウ」、されど山に咲く花は山に来て見るのが礼儀かと。。。


  ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
最近の記事
  1. 冬の名残と春への途上(03/29)
次のページ
次のページ